So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

バルブガードvalveguard [パーツ]

昨年の反省


昨年、ツールド宮古島114kmロードレースに出場しましたが ゴール3km手前でタイヤの空気が抜けてパンク!!! そのままゴールしましたが残念な結果に終わりました。

vitto.jpg原因はディープカーボンホイールを履いていると標準のバルブでは長さが足りないため、バルブエクステンダーで延長することになりますが、バルブエクステンダーが緩んで空気が抜けました。(^^;) 写真の銀色の部分がバルブエクステンダーです。

シールテープ.jpgバルブエクステンダーをつけるときは空気漏れを防ぐためシールテープかませます。また、緩み止めの効果もあります。

corima47ws.jpg実際に走行して荒れた道を走ったり、コーナーリング中にバルブがリムに触れてカタカタ音がしたりしますが このときにバルブエクステンダーが緩みます。昔からある方法ではビニルテープを巻き、軸を太くして押さえたりしますが見た目が悪い。バルブエクステンダーをねじ込む時に接着剤で固定することもありますがこれだとバルブエクステンダが使い捨てになりますカタカタ音が出ることもあります。

guard.jpgそこでRRP製バルブガード RapidRacerProducts valveguardを使ってみたところ、バルブがリムと当たってカタカタ音がすることもないし、耐久性もあるようです。バルブを通す穴も小さめなのでしっかりバルブが固定され、音もしないしバルブエクステンダーが緩むこともなさそうです。材質はゴムで裏に粘着剤が付いていてリムに張り付きます、中央のバルブを通す穴はタイトでバルブがリムに当たってカタカタ音を立てることもありません。

valve.jpg英国製 質量1g以下

valveguard.jpgホイール3セット分で600円程度です。

RapidRacerProducts

ValveGuard



supersix.jpgこれで今年のツールド宮古島ロードレースはバッチリと言いたいところですが 昨年の骨折により本調子でないため、今年のツールド宮古島ロードレースは断念しました。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

サドル交換(FIZIK ANTALES R1 OPEN CARBON) [パーツ]

supersix.jpg私のバイク(Cannondale SuperSixEVO)に最初から付いていたのは FIZIKのアリオネでしたが長時間乗ると前立腺がつらい。私は堅いと言われるFIZIKのアンタレスを長年使っているのでアリオネも大丈夫だと思っていたのですが だめだったようです。写真は交換前。

antaresR1.jpg他社に変えても良いのですが ここは使い慣れたFIZIKでということで ANTARES R1 OPEN CARBONにしました。 表面がブラックマット仕上げなのでバイクのフレームともマッチします。

antales.jpg
こんな感じになりました。

antares_r1_open_large_.png重量がアリオネ247gからANTARES R1 OPEN カーボンレール ラージサイズ 185g 62gも軽くなりました。座面もソフトになりました。

 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ステムを交換してENVEにしました。 [パーツ]

supersix.jpg私のCannondale SuperSixEVOのステムをENVEに交換しました。長さは110mmです。締め付けトルク指定が5.5Nmなのでデジラチェで締め付けします。

写真は交換前


IMG_20180317_104926_007s.jpg交換後の写真。ENVEのステムに変更しました。ハンドルがENVEなのでブランド統一できました。


IMG_20180317_104926_008s.jpg想定外だったのは 元々付いていたCannondale C2ステムは119g 交換後のENVEは126gで7g重くなってしまいました。 キャノンデールのステムは思ったより軽いんですね。
交換後の全景、投句に肉眼では富士山が見えているのですが撮影したものには写っていません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

自転車の掃除したらローターが変わった [パーツ]

伊江島.jpgおとといまで沖縄に行っていましたが 爆風の中を走行したので潮風どころか波しぶきをかぶった状態です。 このままではいけないので、早速お掃除を開始しました。

白マット.jpg私のCannondale SuperSixEVOは白のマット塗装なので、布で拭いたり濡らしたぞうきんで拭いても 全く綺麗になりません。 掃除にはワコーズのバリアスコートが必須です。バリアスコートでふきふきして綺麗になりました。
 
SuperSixEVO.jpg
チェーンはディグリーザーで洗浄してグリスアップします。



roter.jpg組み立て始めると気になっていたローターが....グループセットがSRAMなのにローターだけシマノなので皆さんからイロイロ突っ込まれてましたが...ホイールを綺麗にふきふきしているといつの間にかローターがSRAMに変わってました[exclamation&question][わーい(嬉しい顔)]







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ペダル型パワーメーターGARMIN VECTOR3インプレッション [パーツ]

vector3.jpg国内では近日発売予定(2017/11/23現在)となっている、ペダル型パワーメーターGARMIN VECTOR3をいち早く手に入れたのでいち早くインプレッション。
 
私がオーダー入れたのは英国で9月、当初入荷予定は10月でしたが英国にストックされたのが11/7、私の手元にDHLで11/21に届きました。本体もお高いのですが関税も高い、手数料込み5,980円 これは誤算でした。国内定価128,000円税別なので25,000円以上安く買えてます。


Vector2_pedalpod.pngまず、見た目ですがVECTOR2と較べて一番変わっているのが外観です、VECTOR2ペダル型パワーメーターは2ピース構成となっており写真のような計測ポッドをペダル軸に取り付けなくてはならず 落車時の破損や見た目の悪さがあり興味はありましたが導入をためらっていました。これが無くなったのが一番の違いです。


vercor3_1.jpg新型のペダル型パワーメーターGARMIN VECTOR3では計測ポッドが無くなり、たいへんスッキリした見た目は普通のペダルとなりました。見た目は普通のペダルなのに左右のパワー他いろいろ計測できる優れモノです。クリートはLOOK Keoとコンパチですので汎用のLOOKクリートが使用できます。仕様や添付品には書かれていないようですが LOOKの純正赤クリートは9度フリーですが 付属の赤クリートは6度フリーのモノなのでご注意下さい。


keo2max.jpg私は既に使用しているLOOK Keo2MAXで使用しているクリートとシューズをそのまま使用しましたが特に異常ないようです。


vector3_s.jpgバイクへのインストールはペダルのねじ部にグリスを塗ってクランクに15mmレンチで取り付けるだけです。取り付けにアーレンキーは使用できません、理由はここにプラスチックのカバーがついており、状態を示すためのLEDが点灯します。(写真参照 )気になるのはこの部分がクランクより、内側に出っ張りますのでチェーンラインとクランクの間隔がギリギリのフレームには取り付け不可です。マニュアルではタワミを考慮してと思われますが2mm以上(ペダルの出っ張りとチェーンラインの隙間)クリアランスがあることとなっています。標準はQファクター53mmですが添付品のワッシャーを使用すると55mmとなりますので チェーンラインとクランクの隙間がギリギリの場合はワッシャーを入れて調整することも可能です。日本版の標準添付品にQファクター調整用ワッシャーの記載はありませんが付属していました。


このペダルの電源はボタン電池です、左右でLR44またはSR44を4個使用します。稼働時間120時間となっていますがまだそれほど乗っていないので寿命は解りません。電池が無くなると10秒ごとに赤のLEDが点灯して知らせます。表示が出たら電池切れまで10-20時間となっています。
ANT+とBluetoothの両対応ですが 私のGARMIN EDGE820ではペダルの電池残量表示するメニューが見つかりません。 電動ギアの電池残量表示はあるようですが...電池切れで動かなくなるまでペダルの電池切れに気が付かないかもしれません。電池のフタは4mmアーレンキーで開きます。



VECTOR3_EDGE820パワーのいろいろな情報はガーミンEDGEとペアリングすることで可能になります。私の場合はEDGE820を使用します。

ガーミンとのペアリング 
EDGEの画面から設定→センサー→センサー追加→パワー計を選択し、ペダルを漕ぎます。接続可能なセンサーIDが表示されるので「追加」します。メイン画面にバーベルマークが出ればokです。

クランク長の入力
ペダルを漕いでホームから設定→センサー→パワー計を選択し、センサー詳細→クランク長さでクランク長を入力します。私の場合172.5mm。

EDGE820のトレーニングにてサイクリングダイナミクスを表示するに設定を変更します。
以上でGERMIN EDGE820でVECTOR3のパワー計測全ての機能が使用できます。

ホームページにて日本語のマニュアルが公開されています、海外版でも困ることは無いでしょう。
VECTOR3 重量 316g 精度±1% 最大体重105kg 電池寿命120時間







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

LOOK KEO2MAXコンタドールモデル [パーツ]

keo2max.jpg最近、固定ローラーで使用しているピストのトウクリップペダルをビンディングに変えたいと思っていたがビンディングペダルが余ってない。ところで最近、自転車関係のニュースでアルベルト・コンタドールの記事をよく見る。


ふと、思いついた[ひらめき] 俺 LOOK KEO2MAXコンタドールモデルのペダル持ってなかったけ?
自宅を探しても無く、実家にストックしてある三連勝(3RENSHO)ロードについていましたので回収。

このペダルは7-8年前、通勤途中にビンディングシューズの底が剥がれた時、帰りに横浜のY’sロードでLOOK KEO2MAXコンタドールモデルに一目惚れして、シューズと一緒に衝動買いしたモノです。


look.jpg暫くぶりなのでバラしてグリスアップしてからピストに取り付けます。
LOOK KEO2MAXのオーバーホールは簡単です。
専用工具が無くてもモンキースパナ1本で痛めること無く簡単に分解グリスアップできます。
古いグリスを拭き取り、デュラのグリスを塗り込んで終了です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

魅力的なマニアックパーツ [パーツ]

完組ホイールも良いけれど使ってみたい、個性的で魅力的なパーツも沢山あります。

CORIMA.jpg私が好きなのはCORIMA(仏)のカーボンリム!!

カーボンの繊維がハッキリ見えているのがアイデンティティー

私はSuperXでCORIMAのカーボンリムを既に使用していますが とても気に入っています。






sapim-logo.pngスポークはSAPIM(ベルギー)のスポークを使ってみたい。


SAPIMcx-ray.jpg扁平エアロ形状のきしめんスポークCX-RAY、ZIPPなどメーカーの完組ホイールでも使われていますね。

見た目がカッコ良い!! エアロスポークの値段は星の3倍位しますがDT SWISSよりはかなり安い、頑丈なスポークです。靱性のあるスポークです。


white_industries.pngハブでこれはと思っているのはWhite Industries(アメリカ)のハブ。クリキンなどが有名ですが他にも良いハブがあります。 

WhiteIndustries.jpg センターロックディスクブレーキ対応ハブ CLDです。 個性的ですねアルミボディーにレーザー刻印されています。3爪48ノッチ。セラミックベアリングの優れものです。 カッコ良いな~


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

カーボンディープ「FULCRUM RACING SPEED XLR」 [パーツ]

IMG_2925.JPG6月のツールド宮古島ロードレースで破損したカーボンホイールFLUCRUM RACING SPEEDカーボンディープ・チューブラホイールですが 海外のサイトに注文して一月以上、首を長くして待っていましたが昨日届きました。

IMG_2928.JPG集団落車に巻き込まれて後続選手に突っ込まれ破損しました。



IMG_2923.JPG今回入手したのは 同じFLUCRUM RACING SPEEDですが今回はXLRにしました。ホイールはホイールバックに入って納品されます。 カーボンの繊維がハッキリ見えるのもなかなか良いです。


DSC_3165.JPGXLRはベアリングがセラミックのCULTになっていることと、カーボンハブになっています。

DSC_3164.JPG


IMG_2929.JPG組み付けするとこんな感じです。


DSC_3157.JPGチューブラリムテープでチューブラタイヤを貼り付け、早速試走に出かけます。

DSC_3160.JPG津久井湖の名手橋ですが水がほとんど無いようです。
DSC_3162.JPG


20160807.jpg印象は今までと同じホイールなので変わりませんがフリーのラチェット音が変わっています。
高速巡航を維持しやすい良いホイールです。剛性も充分です。 新品のタイヤ僅か30kmで下り高速コーナーに全開で突っ込んだらリアがブレークしてしまいましたがホイールに剛性があるのでヨレずに立て直しました。

FLUCRUM RACING SPEED XLR カーボンディープ・チューブラホイール
CULTセラミックベアリング、カーボンハブ、カンパ用

ちなみにタイヤは旧型のビットリア コルサCXⅢ チューブラタイヤです。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

復活のSuperX (カーボンシートポスト交換) [パーツ]

先週、カーボン製シートポストを破損して乗れなくなっていた、Cannondale SuperX(シクロクロス車)ですが イギリスにパーツを国際宅配オプション付で発注して僅か5日ほどで到着しました。

購入したのは全く同じ部品、FIZIK製のカーボンシートポスト Cyrano R1 Carbon 27.2 x 270MMです。

fizik6.jpg 何と見た目の仕上げが全然違います。 今まで付けていたのはマット地に細かいスプラインが入っている滑りにくい感じ。今回のは表面がピカピカのツルツルです。 見ると生産国も違います。今までは中国、今回は台湾です。


fizik4.jpg重量を測ってみると....全然違います。
今まで付けていたものは194g


fizik.jpg今回新規に購入したものは223gです。 少し重くなっています。 


fizik5.jpg早速パーツを組み付けるのですがカーボンパーツ用滑り止め(ファイバーグリップ)を塗って挿入し、トルクレンチで締め付けます。


fizik1.jpg無事復旧完了です。やっと乗れるようになりました。 







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FIZIK CYRANO R1カーボンシートポストネジ破断 [パーツ]

DSC_0314.JPG
 
我が愛車Cannondale SuperX Hi-mod Discで仲間と武蔵村山の「満月うどん」へ行こうと家を出ました。

吊り橋.JPG

先週はピナレロ DOGMA60.1で「ツールド宮古島ロードレース114km」に参加して27km地点で集団落車に巻き込まれDNF(Do Not Finished)でした。 DOGMAは破損して乗れないので気分を変えてSuperXです。

自宅を出て、異音を感じます、キッキッと金属的な音がペダリングに合わせて聞こえます。
脚を止めると音が゜停まるので、これは一度停まって見るかと 停まってクランク周り、へダル周り、ディレイラー周りを確認しますが異常ありません。

異音の出所はわからず?????? 

なんだかポジションを変えたつもりはないんだけど、サドルがいつもより前に出ている気がする、気のせいだと思い、異音はしますが仲間との集合時間に遅れるので先に進みます。

シラーノ.jpg


すると突然バキッと大きな音がして、サドルが傾きます!!!! とっさにサドルのレールが折れたと思ったので腰を浮かして停車します。

フィジィーク.jpg


確認するとサドルではなく、FIZIKのCYRANO R1カーボン シートポストネジが破断していました。

妻に車で迎えに来るようにヘルプの電話をして、仲間に機材トラブルで行けないことを伝えます。

妻到着、自転車を乗せ家に帰る途中....全く同じ仕様の妻のSuperXからシートポストを抜いて持ってきてもらえば とりあえず走り続けられたのでは!と後から気づきました。(^^ゞ

満月うどん.jpg 

家に帰りましたが 今日の昼飯はうどんと決めていたのでうどんを食べたくてしょうがありません。
車で行っても「満月うどん」到着予定時間11時に間に合いそうなので 車で現地に行き仲間と無事合流し、うどんを食べることが出来ました。

IMG_2878.JPG 

先週はカーボンディープ チューブラホイールの破損、今週はカーボンシートポストの破損とついていませんね。(>_<。)

うどんは大盛りで450gとなかなかのボリュームで美味しかったです。
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ